お中元の料金相場と安く購入する方法

お中元とは、日頃お世話になっている相手に贈るものなので、金額ではなくその気持ちが大切です。
とは言え、あまり安い商品を渡してしまうと、相手に対して失礼に当たります。
では、贈り物の相場の目安について紹介します。

お中元相場の料金目安とは

まず贈り物の相場の目安は3,000~5,000円程度となっています。
実際に百貨店などでも、3,000~5,000円の商品が中心となった品揃えになっています。

ただ3,000~5,000円という相場料金が目安でも、1人暮らしや2人暮らしの相手の場合は量より質の方が喜ばれます。

1人暮らしで30個入りのゼリーの詰め合わせが届いても、消化するのが難しいですよね。
対して、子供がいる5人家族の家庭であれば、質より量の商品の方が喜ばれます。

また相場料金が3,000~5,000円が基本であれば、相手もいくらぐらいの商品が届くのかある程度把握しているでしょう。

そのため、金額が明確になってしまうカタログギフトや商品券でも問題はないだろう。
自由に選べた方が、相手が欲しいモノを渡す事ができる。

そう考える人が増えています。
事実、実際にカタログギフトや商品券は贈り物として人気があります。
ただ、金額が一目瞭然の商品に関しては、目上の人に贈るのは失礼にあたります。

目上の人であっても親や兄弟などの遠慮のない関係であれば、問題はありません。

お中元の贈り物を安く購入する方法

相場料金は分かっていても、贈る人数が多かったり、住宅ローンや子供の教育費、ボーナスのカットで家計はギリギリ。
そんな状況では、少しでも安く購入したいと思う人もいるでしょう。

その場合、贈る品の品質は下げずに、安く購入する方法を紹介します。

百貨店やスーパーでは、早期割引を実施しているところが多くあります。
シーズン的には7月ですが、贈り物を早い段階で申込みをすると、早期割引として10~20%安く購入できます。

百貨店の場合は、百貨店会員になると割引率が高くなったり、また百貨店の金券を金券ショップで購入し、支払い時に金券で払うとお得になります。

またネットショップを利用すると、送料が無料なショップもあります。
贈る件数が多いと、送料代もバカにならないので、送料無料のショップを選ぶ方がお得です。