知っておきたいお中元のマナーとは

若い人の間では特に、お中元のやり取りが減少傾向にあります。

そのため、いざ贈ろうと思った際に、贈り方のマナーが分からないという人も多いかもしれません。
なのでご贈答のマナーについて紹介します。

お中元の贈答期間や送るタイミングなど

まず贈るタイミングですが、6月頃から百貨店ではコーナーが用意されています。
実際に贈るのは、7月15日の中元を意識して、7月の初旬から中旬頃に贈るようにしましょう。

実は以前は地域によって贈るタイミングが異なり、東日本では7月、西日本では1ヶ月遅れの8月が一般的でした。
ですが、現在は統一されて西日本でも7月に贈るようになっています。

そのため、この贈答期間を逃してしまった場合には、贈らないよりは暑中見舞いという名目でも贈った方がいいと言えるでしょう。

ちなみに贈り物に掛けるのし紙は、百貨店が用意してくれるケースが多いので知らなくても困りません。
ですが一応知識として紹介しておくと、紅白の5本の花結びののし紙を用います。

相手が喜んでもらうお中元を忠実に届けてあげたい

では贈るタイミングは分かりましたが、誰に何を贈ればいいのでしょうか?
まず誰に贈るのかというと、日頃お世話になっている人に感謝を伝える名目で贈ります。
そのため、親戚や結婚式の仲人、媒酌人などに贈ります。

日頃お世話になっていても、学校の先生や勤務先の上司には近年贈らない傾向が高くなっています。

また何を贈ればいいのか迷って困るという人もいるかもしれません。
基本的には送る相手が喜んでもらうモノを選びたいものです。
そのため、相手の好みや家族構成、年齢を考慮した上で、予算内で購入できるモノを選ぶといいでしょう。

1番人気は、贈る季節が夏という事もあり、ビールが定番商品となっています。
お値段的にも手頃感がありますよね。

しかし、最近はビールを苦手な人も増えているので、定番のビールを贈れば無難だろうと考えるのではなく、相手がビールが好きかどうかで判断するようにして下さい。

では、受け取った側はお返しが必要なのかというと、基本的にお返しをする必要はありません。

どうしても返礼しないと気が済まないという場合は、同額程度の品を暑中見舞いとして贈るといいでしょう。
ただ、贈ってもらった事へのお礼は電話か手紙で速やかに伝える事がマナーです。